HOME | 院のご案内 | Columns

院長写真

 


2021年8月
大変な時期のオリンピックですが日本選手の頑張りでついついテレビの前に釘付けになってしまいます。
 
鍼治療と美容鍼を希望される方が多いですね。
東洋医学が見直されて鍼の効果も皆さんが知ることによってこの結果に繋がっていると思います。
西洋医学が発達する遙か以前より行われていた歴史ある東洋医学は世界的にも認められ医療の一角を担っています。
どうも鍼を刺されることに抵抗があるという方には刺さない鍼もあります。
中国から渡ってきた鍼も日本で独自の進化を遂げより細い鍼で鍼管を使い痛くなく施術を受けていただくことが可能となりました。
多くの方に鍼治療を受けていただき少しでも早く辛い症状から解放され楽になっていただきたいと思います。

院長写真

 


2021年7月
いよいよオリンピックの月ですね。
色々すったもんだがありましたがやるからには選手の方々を応援したいと思います。
でもオリンピックは一番暑い時期。
選手も観客も熱中症が心配ですね。
私もマラソン大会で軽い熱中症になったことがありますが身体が動かなくなります。
幸い私の場合は水をかぶり身体を冷やすことによって回復し完走できましたがくれぐれも無理はしないで下さい。
涼しい部屋でテレビ観戦が一番安全かもしれません。
今月は祝日の移動があり祝日がカレンダーの赤い日と違っていますのでご注意ください。
オリンピックの開会式前後が連休になりのんびり見られそうですね。

院長写真

 


2021年6月
今年の梅雨は何時からだか分からないですね。
この時期は暖かい空気と冷たい空気がせめぎあり気候気温が不安定なため身体の不調も現れがちです。
気圧の変化もあり自律神経が乱れやすい時期でもあります。
 低気圧や前線が近づくと身体が不調となる気象病も最近は話題になっています。
頭が重い、頭痛、だるさ、首肩こり、めまいなど首肩から頭にかけての症状が多いようです。
 その上湿度が高くなっていきジメジメしてくるとますます不快ですよね。
最近はコロナで自粛の上雨でもあまり外に出られないことも重なり余計身体の調子が思わしくなくなることもあると思います。
そんな時は鍼で自律神経を整えてあげて不調を緩和してあげるのはどうでしょうか。
鍼には気を整えリンパの流れも良くして身体本来のエネルギーを取り戻すことができます。
 

院長写真

 


2021年5月
今年のゴールデンウィークも我慢の日々になりましたね。
スポーツもできない、行楽もできないとじっとしているだけではストレスが溜まります。
身体の方もじっとしているとストレスが溜まりちょっとした動作で痛みを引き起こすことがあります。
自宅でできる運動(というほどでは無くても体操程度)を為て身体を動かしてあげましょう。
動かないことで硬くなった身体をほぐし柔軟性を持った身体を維持するように心がけて下さい。
硬くなった筋肉は柔軟性が無く少し力を入れた、負荷がかかった状態でも容易に損傷します。
鍼はそんな硬くなった筋肉を柔らかく柔軟にし痛みを和らげます。
もちろん鍼で無くても大丈夫。
鍼が苦手な方は鍼以外の治療でも施術できます。
また古傷の痛みなどは暖かくなって楽になってくる頃だと思います。
古傷も傷の瘢痕で硬くなった部分を柔らかくすることで痛みを軽減できますのでお悩みの方はご相談下さい。
 

院長写真

 


2021年4月
花粉の季節まっただ中
私も鼻がむずむずしています。
花粉の出ない杉に植え替えるとニュースも以前ありましたがどうなっているのでしょう。
また最近は若い林業従事者も増えてきているようですので山の手入れが行き届き花粉が減るといいですね。
またこの春から進学や就職で環境が大きく変わった方もいらっしゃると思います。
最近は引っ越しや部屋の模様替えなど重いものを持って腰を痛める患者さんが多くなってきています。
無理をしないで頑張っていただきたいと思います。
 鍼治療も鍼を使わない治療も腰痛は早く治療を開始すれば早く治ります。
我慢していないですぐに来て下さいね。
鍼をした方の感想を聞くと全然痛くなかった、治療後軽くなったという感想が多く聞かれます。
鍼というだけで敬遠し食わず嫌いの方も一度治療を受けて頂いたら認識がガラッと変わると思いますよ。
 

院長写真

 


2021年3月
ようやく春の気配を感じてきました。
梅の花も目を楽しませてくれ冬の殺風景な公園もだんだん華やかになってきます。
これからは花粉症の季節ですね。
くしゃみや咳をすることが憚られるこの頃ですので対策もそれぞれの方がしていると思います。
鍼でも花粉症の症状、鼻づまりや鼻水などに対応することは可能です。
薬が合わない方などは試してみる価値があるかもしれませんね。
私もアレルギーがありますので春になると目や鼻に症状が出ます。 
室内は空気清浄機を使いウイルス対策、花粉対策をしています。
今月もできるかぎりの感染症対策をして治療に当たっていきます。
 

院長写真

 


2021年2月
まだコロナの緊急事態宣言は続きストレスの多い生活ですね。
密にならないように気をつけて散歩などで身体を動かすようにしましょう。
これは私自身にも言い聞かせていることです。
運動不足になると筋肉が落ちてきて代謝が低くなり体重増加や膝や腰の痛みに繋がってきます。
特に高齢者は一度落ちた筋肉を取り戻すのが容易ではないので継続して運動を行って下さい。
万が一痛みが出てきたら無理をせず運動は一度中止して下さい。
そして痛みが酷くならないうちに治療を受けに来て下さい。
当院では安心して施術を受けて頂くことができるよう感染対策を行っています。
 

院長写真

 


2021年1月
明けましておめでとうございます。
新しい年が始まりました。
今年はオリンピックが開催される予定ですがコロナがどう影響するか心配ですね。
当院では今年も電気や手技を使った治療はもちろん鍼治療も好評なのでさらに力を入れていきます。
冬場は身体も硬くケガをしやすい時期でありますので運動をするときや作業をするときには準備運動を怠らずに行って下さい。

院長写真

 


2020年12月
大分寒くなってきました。
身体も硬くなってきますし、いろいろと忙しく身体を使うことも多くなると思います。
無理をなさらないようにご注意下さい。
 
当院にいらっしゃる方の中にはケガをしてや痛くなってすぐではなく暫く経ってから来院される方も時々あります。
そのうち良くなるかと思ってい様子を見ていたり、たいした痛みではないから治療するほどではないと思って時間が経って、いよいよ我慢ができなくなり数週間から数ヶ月経ってやっと治療をしようと来院されるわけです。
でもその様に時間が経ってしまった痛みやケガは悪くなった状態で固まってしまい回復させることに大変時間がかかるか回復しきらないこともあり得ます。
痛みが出たらすぐにご来院いただき治療を開始することが肝要です。
特に12月では今年中に楽にしたい、年越しは万全の体調で迎えたいという方も多いと思いますのでケガをしたり痛くなった時は早く治療を開始しましょう。
 

院長写真

 


2020年11月
木々の葉も色づいて秋が深まってきました。
そろそろ暖房が欲しくなってきますね。
身体も冬仕様になって寒さに対応していく時期ですね。
ホルモンも夏と冬とでは放出される量や種類が違ってきて寒さに備えるようになってきます。
暖かくなる春に感じる20℃と寒くなる秋に感じる同じ20℃では同じ気温でも感じ方に違いがありますね。
春に感じる20℃は暖かく、秋に感じる20℃は涼しく感じるかと思います。
これは同じ気温でも身体の状態で感じ方が違ってくるからです。
今年の夏は猛暑でしたが冬は雪が多く寒くなるそうです。
温かい鍋でも食べて中から暖まり春まで乗り切りましょう。
ホルモンバランスの崩れなどで体調が優れない時は鍼治療で自律神経&ホルモンバランスを整えてやるとスッキリと冬を乗り越えられます。
予約制ではありませんのでいつでもご相談下さい。

院長写真

 


2020年10月
だいぶ涼しくなってきましたね。
季節の変わり目は体調を崩しがちです。
体調管理お気をつけください。
今月は循環の話。
体が硬いと循環も悪くなります。
筋肉が硬くなるとその中を通っている神経や血管が圧迫され循環が悪くなります。
循環が悪くなると筋肉で出来た老廃物が排出されにくくなりまた新たな酸素や栄養が運ばれて来にくくなるのでますます筋肉が硬くなると言う悪循環に入ってしまいます。
この悪循環をどこかで断ち切って上げなければなりません。
そんなときは鍼。
針を刺すと筋肉が緩み循環が回復します。
鍼を打った後、ポカポカすると言う方がいます。
それは暖かい新しい血液が巡ってきて循環が良くなったため。
そうすれば溜まった老廃物も流されていき痛みもなくなってきます。
鍼は直接硬くなっ筋肉等の組織を刺激できるため効果的です。
 

院長写真

 


2020年9月
身体の痛み
それがいわゆる「しこり」によるものであることが多くあります。
しこりは筋繊維のダメージが蓄積され繊維を傷めて硬くなった状態です。
通常筋肉は弾力性があり力を入れれば縮むし、引っ張れば伸びます。
ところがしこりになった部分は硬くなっているので縮むこともできないし引っ張れば伸びないので無理に動かせば組織を容易に損傷してしまいます。
そんな弾力を失った組織は循環も悪くなるため老廃物などが蓄積し痛みとなって現れてしまいます。
そこで鍼治療によって循環を回復し硬くなった組織をほぐしてやること楽になります。
またその部分に適切な圧力を加えることによってもしこりを和らげることができます。
痛みでお困りの方は是非一度ご相談下さい。

院長写真

 


2020年8月
最近腰痛の患者さんが多く来院します。
その中には年に何回も腰痛を繰り返し起こす方もいらっしゃいます。
そういう方々に共通していえるのは治療をしっかりしていない、少し楽になると途中で治療をやめてしまうということです。
表面だけ楽になってもまだ根っこは残っています。
根っこまで取り除くために治療を継続して行うと再発はかなりの確率で防ぐことができます。
 
また鍼治療が認められ希望する方も多くなっています。
痛みの強い方も鍼治療で症状が軽快し仕事や家事に復帰することができています。
予約制ではありませんので痛くなったらすぐにご来院下さい。
治療開始が早いほど効果が早く現れ楽になります。

院長写真

 


2020年7月
まだコロナウイルスの猛威は続いているようで終息には時間がかかりそうですね。
その影響で学校の運動会や文化祭、地域のお祭りや花火大会なども中止になるところが多いと思います。
ちょっと寂しい夏になりそうです。
 
運動会がなくなると当然運動会の練習もなくなるわけで毎年運動会前には練習でケガをした生徒が増えるのですが今年はその様なこともなくなりそうです。
その代わり運動不足の方が多くなり普段使わなくなって硬くなった筋肉をちょっと頑張って使っただけで痛めてしまい来院する方が多くなったようです。
私もそうですが自粛生活で身体がなまってしまい筋力も落ちてきている人が多いと思います。
ウォーキングなど軽い運動から少しずつ体力、筋力を回復していきましょう。
私もカメラを持って近所を1時間ぐらい散歩することから始めています。

院長写真

 


2020年6月
やっと緊急事態宣言が解除されました。
まだ元通りの生活にはなりませんが、いろいろなことができるようになってストレスも軽減されますね。
私も久しぶりにショッピングモールに行ってきました。
多くの人々で賑わって皆解除を待ちわびていたんだと実感しました。
もちろん三密を避けながら楽しく買い物をしました。
 
腰痛や肩こりに限らず痛みがある場合にはどこかの筋肉が硬くなっていることが多くあります。
そこを緩めてやることによって痛みが楽になるし治りも早くなります。
当院では主に鍼を用いて筋の硬結に対して施術をしていますが、鍼が苦手な方は整体の施術でも効果を出すことができます。
痛みがある方は是非ご相談下さい。
 

院長写真

 


2020年5月
まだまだ自粛生活は続きそうですね。
今は我慢の時だと思います。
当院でも
・マスク着用
・毎朝の体温計測
・アルコール消毒
・患者さんごとの手洗い、消毒
・スリッパや枕等のアルコール消毒
・入り口に消毒用アルコールの設置
・プラズマクラスター空気清浄機の設置
など対策を行っています。
また風邪様症状(発熱や咳等)がある場合は当院を受診する前に保健所等にご相談くださるようお願いいたします。
しっかり対策をして、そして過剰に恐れることなくしっかりと毎日を過ごしていきましょう。
 

院長写真

 


2020年4月
コロナウイルス対策は万全でしょうか。
私の周りには罹患した人はいませんがいつ自分の身に降りかかってもおかしくない状況です。
自分が被害者にならないためにも加害者にならないためにもできることをしましょう。
早く終息してくれることを願います。
鍼は免疫力を高められるか 
鍼にはウイルス感染した細胞を破壊してウイルスを排除するNK細胞や細胞障害性T細胞(キラーT細胞)と言って宿主にとって異物となる、ウイルスに感染した細胞を破壊、一部はウイルスを記憶し同じ敵に備えることができる細胞の働きをよくすることが報告されています。
よく食べよく寝て体調を整えコロナに負けないようにしましょう。
 

院長写真

 


2020年3月
3月は3月はもうすぐ春が来るウキウキとした季節ですね。
当院は鍼治療とともにゆがみの矯正も行っています。
マッサージや整体でも治らなかった腰痛や肩こりはゆがみを矯正することで改善することができます。
ソフトな矯正で快適な毎日を取り戻しませんか。
当院では早く良くなりたいというあなたのために最善の方法で施術いたします。
今月はキャンペーンと言うことでこのホームページを見た方は1日2名限定で初診料無料で施術を受けられます。
 

院長写真

 


2020年2月
寒い季節のはずですが結構暖かいですね。
とはいっても夏のように薄着はできませんので肩こりや体が硬くなる中での腰痛などが増えてきています。
肩首の痛みや腰の痛みは早めの来院をお勧めします。
来院するタイミングが遅くなればなるほど治りにくくなり長期の施術を必要とします。
当院では早く良くなって頂くために当院独自の鍼や矯正法を用いて好評を頂いております。
 腰痛や五十肩などに対しては鍼治療が保険適応になりますのでいつでもご相談ください。

院長写真

 


2020年1月
あけましておめでとうございます。
昨年はいろいろなことに挑戦してきました
腰痛の患者さんへのより少ない刺鍼での鍼施術。
肩こり患者さんへの全身的アプローチ。
そして結果を出すことができました。
今年もまた新たな挑戦をして患者さんのため働いていきたいと思います。
今年もよろしくお願い申し上げます。
 

院長写真

 


2019年12月
先日昭和記念公園へ行ってきました。
紅葉、黄葉がきれいでたくさんの外国人観光客で賑わっていました。
インバウンドの増加を実感しますね。
寒さも増してきて重ね着をするようになって肩こりや、また最近はスマホやパソコンの作業などに起因する肩こりも増えましたね。
肩こりなどの症状を感じたときは余り辛くならないうちにご来院ください。
何でもそうですが早く治療すれば早く良くなります。
ほって置いてこじらせてしまってからでは治りにくくなり治療期間も長くなってしまいます。

院長写真

 


2019年11月
紅葉の季節が来ました。
どこかお出かけの予定はありますでしょうか。
最近筋硬度計を導入しました。
筋硬度計

肩こりの治療指標に活用しようと考えています。
肩がつらい、首がつらいという方は一度計ってみませんか。
施術でどれだけ良くなったかも分かりますので施術の計画もしっかりとできます。
 
当院ではエコーもありますので骨のみならず肉離れや腱の損傷なども確認できます。
痛いなと思ったら我慢してこじらせる前にご来院ください。
 

院長写真

 


2019年10月
もう今年も3ヶ月ですね。
時の過ぎゆく早さを感じます。
この仕事もいくつになっても勉強ですが新しいことを学びそして自分のものにして患者さんに還元していく。
この繰り返しだと思っています。
でもそれが楽しくやりがいがあることです。
統計によると怪我のうち捻挫、打撲、挫傷が6割近くを占め骨折・脱臼も含めると8割以上を占めています。
接骨院はこれらの怪我の専門家です。
自分で判断せずに専門家の力を利用して早く治し日常生活や運動に復帰するようにしましょう。
 

院長写真

 


9月
まだ残暑の9月ですがいかがお過ごしでしょうか。
夏の疲れが出てまた季節の変わり目でもあるため体調を崩す方も多いようです。
長時間のエアコン使用で冷えた体は交感神経が優位になり血管が収縮して冷えにつながります。
またこの季節は昼夜の温度変化も大きく、台風などの接近により気圧変化も大きくなり体に負担が大きい季節といえます。
こんな時は温めのお風呂にゆっくりつかり十分な睡眠を取って夏の疲れを取りましょう。
それでも不調が続くときは鍼治療で自律神経のバランスを整えてあげると気持ちよく季節の変わり目を乗り越えられます。

院長写真

 


8月
先月美容鍼が増えてきたことを書きましたがカルテを集計して年代別にグラフにしてみました。
美容鍼年齢分布

40代が一番多く20代50代と続きます。
メディアなどで取り上げられることも多くなり美容鍼に関心を持つ人が増えて
広い世代で美容鍼が受け入れられていることが分かります。
一番多い40代と言えばそろそろ肌の衰えも感じてくる頃、そんな方々に美容鍼は若返りと笑顔の源となるでしょう。
 

院長写真

 


7月
最近また美容鍼を行うことが多くなってきました。
美容鍼人気です。
悩みは人それぞれ、しわ、くすみ、ほうれい線など様々です。
鍼はそんな悩みを軽減してくれます。
みなさん鍼って痛くないのねと言います。
鍼と聞いただけで拒絶反応を示している方こそ一度体験して欲しいと思います。

院長写真

 


6月
令和になって1ヶ月。
まだ年月日の年のところに31と書いてしまうことがあります。
 
 私は30年以上も臨床に携わってきて様々な症状を診てそして施術をしてきました。
人の体を診ると言うことはいつまでも勉強です。
私が学生時代に習った治療法、変わらないものもありますがさらに良い治療法が研究され発見されています。
それにつれ私の施術も日々アップデートしています。
同じ症状でも以前の施術方法と今の施術方法とは違うこともあります。
いかに早く楽に症状をそしてその根本になっている問題を取り除くかということにこれからも取り組んでいきたいと思っています。

院長写真

 


令和の始まりです。
私の開業した昭和からもう年号が2回も変わってしまいました。
年号が変わっても患者さんのために全力で施術を行っていきます。
当院でもはり治療を希望する患者さんが増え、鍼の良さを知っていただいていますが、まだ鍼は怖いという方もいます。
はり治療で使う鍼は太さ0.2mm程の太さで髪の毛の太さの平均0.08mmの2.5倍程度、注射針の4分の1程度の太さしかありません。
先は鋭く研ぎ澄まされていますので皮膚を傷つけること無く組織をかき分けて入っていきます。
ですので痛みを感じることは通常ありません。
安心してはり治療を受けていただけます。

院長写真

 


4月平成最後の月です。
今年は桜が咲くのが早かったですね。
整骨院は骨折・脱臼・打撲・捻挫・筋挫傷等に対して施術することができます。
当院ではエコー観察装置で受傷部を観察して筋肉や骨、関節など体の内部の状況を見て施術します。
エコー観察装置は安全に怪我の状況を観察することが出来ます。
安心してお任せ下さい。

院長写真

 


3月になりました。
暖かくなるのももうすぐですね。
最近電話でお問い合わせがありました。
「60分いくらですか?」
というご質問でした。
当院では60分いくらでマッサージをするとかは行っておりません。
とりあえず長くマッサージをしてもらいたいというような方には当院は施術できません。
これまでも、そしてこれからも本当に良くなりたい、早く楽になりたいという方に最適な施術を提供していきます。
今月でこの地に開業して8周年を迎えます。
さらに研鑽を積み前に進んで参ります。
どうぞよろしくお願いいたします。
 

院長写真

 



先日羽田空港へ行ってきました。
まだ羽田空港からは海外へ行ったことはないのですが、国際線ターミナルに行くと外国へ飛び立つときのワクワク感がよみがえってきます。
そして第一ターミナルのから国際線ターミナルを見ると夕日が綺麗に見え富士山もシルエットとなってそびえています。
たくさんの人々の行き交う活気のある空港を見て楽しいひとときを過ごしました。
まだ2月は寒い日が続きますが今月を乗り切れば春はもうすぐです。
寒さのため体も硬くなっていますので怪我や腰などの痛みが出やすい時期でもありますので準備運動などをしっかり行ってから体を動かすようにして下さい。

院長写真

 


今年もよろしくお願いいたします。

長い間患者さんを診ることに携わってきましたが、その中で早く症状を緩和し楽になって頂くため独自の治療法を開発し大泉学園整骨院・鍼灸院でしか受けられない治療を行っています。
そして症状の変化に一喜一憂すること無く根本から悪いところを改善し症状をよくすると同時に再発しにくい体に変えていくという治療で患者さんの辛い症状をなくしていきます。
またはり治療がはじめての方も安心して施術が受けられるように少ない刺針で最大の効果を上げるように施術を行っています。
今年も良い年でありますよう願っています。

院長写真

 


12月となり今年も残すところわずか1ヶ月
昨年の12月から一年があっという間です。

痛みを治すと言うことは患部を治療すると言うことにとどまらず体全体を診ていなくてはいけません。
膝の痛みがあればその原因となっている体の傾き、歪みなども取り除いてやらないと楽に歩けるようにはなりません。
その為「何でこんなところを?」と思うところまで施術をします。
またその治療を行うと痛みが楽になるばかりでは無く、痛みが再発しにくい体となります。治療後に「楽になった」と喜ばれることが大変嬉しく私のモチベーションとなっています。

院長写真

 


11月になりました。
今年もあと2ヶ月気持ちよく新しい年を迎えたいですね。
そこで今回は腰痛のお話
腰痛などの痛みは定期的に繰り返し痛みが出てくることがあります。
そのような患者さんに共通することがあります。
痛みが少し楽になったところで通院が面倒くさくなりやめてしまうと言うことです。
人間は変化を嫌がる性質があります。
今まで何ともなかったのに体が痛くなり通院しなければならなくなる。
そんなことも出来ればしたくない。
少し楽になったからいいか。
でも楽になったようでもまだ本当の意味で良くなったわけではない。
そんな状態だと何かの拍子にすぐ眠っていた痛みが顔を出します。
それを防ぐためには痛みに惑わされずしっかりと治療し根っこまでよくすることです。
 

院長写真

 


10月となり大分涼しくなりましたね。
最近は春に行うところも多くなったようですが、まだ秋に運動会を行うとことも多いのではないでしょうか。
この季節多いのは怪我が治らずに来院し明日運動会だからなんとかして欲しいというもの。
早く治すことができると言っても限度があります。が、何とかします。
でも早めに来てくださいね。
 
 

院長写真

 


9月となりまた新たな気持ちで仕事や学業に向かっていこうとしていると思いますがいかがでしょうか。
夏の間にたくさん遊び紫外線を浴びて痛めた皮膚には美容鍼をお勧めします。
ターンオーバー(皮膚の新陳代謝)を促し紫外線で痛んだ皮膚が新しい皮膚に早く変わってシミなどの予防となります。
また夏のレジャーで痛めた腰やその他関節・筋肉なども早めにケアしてあげましょう。
痛みがあるようならすぐに専門家に診てもらってください。 

院長写真

 


2018年8月
学校は夏休み。
海に山にと楽しい計画があるかと思います。
怪我をしないように気をつけて楽しんでください。
私も11日から13日まで夏休みを取らせていただきます。
 日常から離れリフレッシュすることも休みの目的。
 何も予定はないのですが何か普段できないことをやってみたいと思っています。
 

院長写真

 


2018年6月
今年の梅雨入りは早いそうです。
この季節になると古傷や神経痛などの痛みを抱えている人は辛い季節ですね。
服装も夏仕様にになり冷房が効いているところも多いので寒かったときよりも冷えることもあるかもしれません。
長袖や何か羽織る物を持っていると良いでしょう。
また鍼では神経の過敏性を和らげ古傷や神経痛の痛みを軽減することが出来ます。
辛いのを我慢しないで一度治療を受けられてはいかがでしょう。

院長写真

 


2018年5月です
4月から環境が変わった方も少しずつなれてきている頃でしょうか。
またなじめず5月病になりかけている方もいるかもしれません。
環境の変化と共に体にもいろんな変化や症状が現れることがあります。
病院で検査したけれどどこも悪くない、でも具合が悪い。
そんなときは鍼治療を試してみてはいかがですか。
鍼治療は症状を見て体の気の流れや神経のバランスを治していきます。
 当院は予約制ではないので具合が悪いときいつでも受診することが出来ます。

院長写真

 


2018年4月
3月に大泉学園に開業して6年が経ちました。
7年目に入りまた新たな気持ちで頑張ります。
 
最近は鍼治療も認知度が上がり鍼治療を希望される方も多くなってきています。
当院ではなるべく少ない刺鍼で最大の効果を上げられるような方針で施術を行っています。
鍼は実際痛みはほとんどありません。
鍼というと誰でも受けたことのある注射針を思い浮かべる人が多いと思いますが、注射針と鍼灸用の鍼は針先が全然違っていて鍼灸用の鍼は痛みを感じにくい形になっています。
食わず嫌いの方もぜひ一度鍼治療を受けてみてください。
 

院長写真

 


2018年3月
日々診療に当たっていると当然自分が今まで経験したことのない症例にも遭遇することがあります。
30年以上この仕事をしていますのでそのような症例は少なくなっていますが長い経験の中でも一度しか診たことのない症例はたくさんあります。
プロとしてはどのような症例でも診たいところではありますが、自分の出来ること出来ないことをわきまえ、初めて見る症例には慎重に場合によっては他の先生の意見を聞くことも大事になってくると考えます。
 
花粉もたくさん飛ぶ季節になってきました。
私も鼻や目に症状が出てきています。
薬を飲みたくない方、飲めない方は鍼治療でも症状を軽減することも出来ます。
 

院長写真

 


2018年2月 
地球温暖化と言われていますが冬はやはり寒いようです。
東京の人は雪に適した靴を持っていないこととそんな靴で歩くため滑って転倒する人も多いようで当院にもそんな患者さんが増えました。
どうか凍結路を歩くときは慎重にゆっくり歩いてください。
また雪かきで普段使わない筋肉を使い普段出さない力を使ったため腰痛などになる方も多くいらっしゃいます。
まだ雪が降ることがあるかもしれませんがあまり無理をせず、また痛みが出たらすぐに受診してください。

院長写真

 


 2018年1月
今年もよろしくお願いいたします。
好評の美容鍼、腰痛や肩こりの鍼も今年も昨年同様力を入れて行っていきます。
オリンピックも間近となりスポーツの怪我やコンディション管理などにも鍼治療が用いられることが多くなってきました。
鍼治療が見直され、多くの方が施術を受けられるようになり鍼の良さが広まってきた思います。
またいろいろな手技が開発され、当院でも新しい手技を取り入れ多くの患者さんに早く楽になっていただけるよう今年も精進していきます。

院長写真

 


 2017年12月
今年もあとわずかとなりました。
一年間大変充実した仕事ができました。
患者さんに楽になっていただき、良くなっていただく。
いろいろな症例に対して最善を尽くす。
当院では現在鍼治療と整骨院の治療が半々くらいとなっています。
鍼治療を受ける方が増えてきたことは鍼に対する理解が広まっているようで嬉しくさらに精進し良い治療ができるよう頑張らねばと気が引き締まります。
 
 

院長写真

 


 2017年11月
先日練馬まつり健康フェスティバルが「としまえん」でありました。
そぼ降る雨にもかかわらず多くの人が接骨師会のテントに来ていただき、感謝します。
色々な方にお会いで我々も楽しい時間を過ごせました。
 
寒くなってきたので先日ブルゾンを買ってきました。
最近体重が増えてきたので今までと同じサイズできつきつでした。
立冬も過ぎるとさらに寒くなり厚着をするようになって着ぶくれでますます太って見えるんじゃないかと思いダイエットを決意。がんばるぞっと。 

院長写真

 


2017年10月
10月になりました
今月は体育の日もあり学校や職場では運動会が多くなることと思います。
普段運動をしていない方もこの時ばかりは張り切るのではないでしょうか?
かくいう私も走るのは遅い方でしたがパン食い競争などは頑張って上位に食い込みました。紅葉も始まり山の方では初雪の便りも聞こえてくると思います。
昼と朝晩の気温差が大きくなってきますので体調管理にはお気をつけ下さい。
 

院長写真

 


2017年9月
暑さも一段落し季節が秋へと変わっていきます。
外の猛暑とエアコンの効いた室内との温度差で自律神経も乱れ
冷えやむくみ、だるさや食欲不振、さらには肩こりなどの
秋バテの症状が現れてくる頃です。
秋になると気温も下がり天候も低気圧になることが多くなり
身体も冬への準備をするため変化していきます。
そんな時は体調も優れないことが多くなりがちです。
鍼治療は自律神経の乱れを改善し、季節の変わり目に負けない
身体を取り戻します。
また紫外線に痛めつけられたお肌へは美容鍼が効果的です。
 

 


2017年8月
今年も暑い8月になりそうです。
水分補給は怠りなく熱中症に気をつけましょう。
以前乗鞍に真夏に行ったことがあります。
当時はまだ自家用車で山頂の駐車場まで行けました。
夏でしたしエアコンのない車に乗っていましたのでTシャツ一枚。
乗鞍畳平は2、700mの標高がありますから夏でも寒い。
しかもゲートが閉まり下山もできない。
一晩畳平駐車場で震えながら過ごしました。
でもご来光は感動ものでした。
 楽しい夏の思い出です。

2017年7月 
7月になりました。
富士山の山開きですね。
私も若い頃上りましたが頂上からの眺めは忘れられません。
今月は「大暑」の月でもあります。
暑くなってくるとアイスコーヒーや冷たいお茶を飲みたくなりますがこれらはカフェインが含まれているため身体から水分を排出する利尿作用があります。
麦茶は昔から飲まれていますがカフェインが入っていないのでお勧めです。
また汗をかくと水分とともに身体に必要な成分も一緒に少しずつ出て行ってしまいます。
それらを補うために塩分なども含まれているスポーツ飲料が有効です。
冷房の効いた部屋ばかりにいると自律神経の働きに影響が出てきて体調が悪くなったりします。
そんな時、自律神経の調整にも鍼は有効です。 

 

 

2017年6月
梅雨が今年もやってきます。
梅雨時肩こりや頭痛、腰痛などが起こりやすくなったり古傷の痛みが起こることがありませんか。
これは、気圧が低くなるとヒスタミンが増加して血管が拡張し炎症反応を起こし、また交感神経を刺激して自律神経の働きを乱して痛みが発生するのではないかと言われています。
軽い運動で関節を動かしたり、風呂に浸かって温かくしたり、それでも辛い場合は鍼治療で自律神経の働きを整えて身体の不調を軽減することもできますので我慢せずに早めの受診をお勧めします。
 

 


2017年5月
5月になりました。
新しい部活や職場などそろそろ環境にも少し慣れてきた頃かと思います。
でも体は新しい運動や仕事にいままで使っていなかった部位や筋肉を使い、疲労が蓄積してきた頃かもしれません。
痛みや違和感を感じたら迷わずご来院下さい。
放っておくと痛みがひどくなったり仕事や運動に支障が出てくる可能性があります。
適切な治療で体作りを助けます。

 


2017年4月
4月はスタートの季節です
新しい学校や職場で今までと環境が変わりストレスを感じることもあるかもしれません。
また自分ではストレスと感じていなくても様々な症状として現れることもあります。
ストレスによる自律神経の乱れは、めまい・肩こり・腰痛・頭痛・手足のシビレや痛み・手足の冷え・顔の火照り・食欲不振・不眠症(眠れない、途中で起きる、早朝目覚める)などいろいろな症状を引き起こすことがあります。
鍼治療はこの自律神経の乱れに効果的です。
このような症状でお悩みの方は一度ご相談ください。

 


2017年3月
3月になりました。
もうすぐ暖かい春がやってきます。
これからは外に出ることが多くなると思います。
楽しいアウトドアライフを過ごすことは健康的で良いものです。
 
そんな時にもし捻挫等のケガをしてしまったら整骨院へどうぞ
まだ日本に西洋医療の入ってきていない頃から
筋肉や関節、骨の損傷に対して施術を行ってきました。
今でもその伝統は受け継がれ非観血的に治すことに長けていると思います。
当院ではエコーを取り入れケガの内部を観察し施術に役立てています。

 


2017年2月
ウインタースポーツを楽しんでいる方も多いと思います。
当院は整骨院と鍼灸院とが併設しています。
どちらの治療法でもご希望で施術することができます。
最近は鍼治療をご希望なさる方が多くなりました。
鍼治療は昔から行われていますが、日本の鍼は独自に進化し、またメーカーも痛くない鍼を目指して研究が進んでいます。
そのため痛みをほとんど感じることなく治療を受けられるようになりました。
頑固な症状でお困りの方は一度ご相談下さい。
治療を受けてみれば鍼のすごさが実感できると思います。

 


2017年1月
今年もよろしくお願いいたします。
今年で大泉学園に来て6年目を迎えることになります。
医療の世界もここのところ急激に変化しているように思います。
当院でも新しい知識や技術を取り入れたくさんの患者さんを癒やせるように今年も頑張りたいと思います。
これからまだまだ寒く、また乾燥した日々が続きますので、体調管理や肌の管理に気をつけて下さい。
今年も好評な美容鍼灸を施術しています。
一度だけの体験でもお気軽にご相談下さい。

 


2016年12月
早いもので今年ももう一ヶ月を切りました。
皆さん体調はいかがでしょうか?
もし痛いところがあるなら今のうちに治しておきましょう。
正月を気持ちよく迎えるために体調を整え不調の芽は小さいうちに摘んで楽しく新年のスタートをきって下さい。
大掃除などするご家庭も多いと思いますが高いところの掃除のため脚立に乗っての作業や
重い物を移動したりとケガの危険が増します。
普段から痛みのある方は無理をしないでおきましょう。
痛みの治療には鍼治療が好評です。

 


2016年11月
11月となり寒さも一段と強まってきました。
よく寒くなると使い捨てカイロを使用している人がいますが、カイロをお腹などに貼ると、貼った部分に汗をじっとりとかいて、温まっているつもりでも冷えてしまうことがあります。
腹巻などをお腹に巻いて自分の体温を逃がさないようにしたほうが冷えを防げます。
また、靴下を履いて寝ると、寝ている間の血液の循環を妨げて、足先まで血液が回らずにより冷えてしまいます。
何も履かずに寝るのが良いと思います。
そして、皆さん朝食はちゃんと食べていますか?
朝食は体を暖める重要な熱エネルギーです。
一日の始まりに体を温め冷えない生活をするようにしましょう。
 
それでもどうしても冷え性に困っている方は鍼治療が効果があります。

 


2016年10月
10月ですね。
昔は運動会が多くあり、練習でケガをしてくる子供達も多い時期でした。
最近は春に運動会を行うところも多くなり以前ほど秋に集中することは無くなりました。
ケガをしたり練習で痛みが出た時は早めのご来院をお勧めします。
「以前から痛かったんたんだけど明日本番だから何とかして」っていう方もいらっしゃいます。
 
これから涼しさも増し季節の変化が大きくなってくると思います。
体調の変化に注意しさわやかな10月を楽しめるように自己管理に努めて下さい。

 


2016年9月
暑かった夏も終わりそろそろ秋を感じる季節となりました。
夏の間に疲れた体や肌をケアしてあげましょう。
特にお顔の肌は紫外線にさらされ疲れています。
当院では美容鍼も行っています。 
 肌の健康を取り戻して明るい笑顔を取り戻しましょう。

 


2016年8月
いよいよオリンピックの8月になりました。
日本選手団を応援しましょう。
色々と大変な大会になりそうですが無事終えることを祈っています。
今年の夏も暑い夏になりそうですので皆さん熱中症には注意しましょう。
のどが渇いたから水を飲むのでは無く、定期的に水分補給を忘れずに
今月は当院も夏期休診を取らせて頂きます。
 
 

 


2016年7月
いよいよ七月。
夏休みももうすぐです。
この季節と言えばやはり心配なのは熱中症。
人の体は自律神経を介して血液や発汗を調節し体温を調節する機能が備わっています。
でも、気温や湿度、風や日差し等環境によっては体温調節機能がうまく働かず様々な障害が起きます。
また、「足がつる」というのも脱水状態や疲労、冷えなどが引き金となりおきることと考えられていますので、暑さを避け、水分を補給し、食事を規則正しく摂り、十分な睡眠をとるようにしましょう。
 
 
 

 


2016年6月
今年も、もう6月。6月と言えば梅雨入り。
梅雨の時期は体がだるくなったり、疲れが溜まるなど、体調の変化が起こりやすい時期でもあります。
雨が降れば肌寒く、晴れれば蒸し暑くなり、気温の大きな変化に体の調節がついて行けず自律神経の不調など起こりやすくなります。
梅雨の次期の体調管理に心がけるようにしましょう。そのためには食事や睡眠に気を配り、生活習慣を見直しましょう。
それでも改善しないときは鍼治療が自律神経のバランスを整える効果がありますので、早めの受診をお勧めします。

 


皆さんはゴールデンウィークどうお過ごしですか?
ゴールデンウィークが終わると7月の「海の日」まで祝日はないので思いっきり楽しんだ方が良いです。
これからは花粉の季節も終わり季候も良くなってきます。それにつれて紫外線も真夏と同じくらいに強くなってきます。
紫外線を浴びた皮膚は、メラニン色素細胞がメラニン色素を放出し、シミとなって沈着します。美容鍼によってターンオーバーを正常化し、体液の循環を良くしてメラニンを流して除去してあげましょう。
当院の美容鍼は予約なしですのでご都合の良い日時に施術を受けられます。

 


2016年4月
大泉学園通りは桜並木が駅前まで続いており満開になると桜のトンネルのようになり見事です。
4月と云えば新入社員、新入学など環境が大きく変わる方も多いと思います。
新しい環境に慣れることも大変だと思いますが、その中でも何か一つ楽しみを見いだし5月病にならないよう、前向きに過ごしていただきたいです。
また無理しすぎて体調が悪くなったり慣れない作業で体が痛くなったりしたら、我慢せずに早めにご来院ください。

 


2016年3月
3月は年度の終わりでもあり、部活や体育の授業も少なくなりますので
ケガで来院する患者さんも減ってきます。
でもこれから花粉の季節、杉花粉はもう始まっていますがカバノキ科やヒノキ亜科が飛び始めます。
鍼治療も花粉症に効果があります。
免疫機能をあらかじめ向上させるために花粉症のシーズンの一月くらい前から
始めるといいのですが、多くの方は花粉症がひどくなりアレルギー症状が
かなり強くなってから来院されます。
そのような方でも免疫向上に即効性のあるツボを使い数回の治療で症状が改善されます。

師走

 


2015年12月
いよいよ12月、今年ももうわずかとなりました。
この季節になると忘年会などで飲む機会も増えます。
酔ってケガをすることも多くなり患者さんも増えます。
いろいろなケースを経験していますが、酔って壁などを殴り手にケガをする、酔って転倒しケガをする、また酔ってけんかをして殴られたなんてのもあります。
酒を飲むのも楽しく周りに迷惑をかけないことだけでなく、自分自身もケガをしないように気をつけてください。
 



運動会

 

2015年10月
10月は運動会を実施する学校が多いようです。普段運動していない親が競技に参加し、当院を受診するケースも少なくありません。
運動不足を自覚しているなら、まず自分の現状を把握しまずはジョギングなどで体を運動に慣らしましょう。
また幼稚園の園庭は狭いことが多いですのでカーブがきつく大人が本気で走るとコーナーで滑ります。
また運動会の練習でケガをして痛みを我慢して治らないので運動会本番の前日に来て明日何とかして運動会に出られるようにして欲しいという方もいます。
さすがに一日では治らないのでケガをしたらすぐに受診するようにしましょう。